脳の発達に大切なアラキドン酸

脳の発達に大切なアラキドン酸

必須脂肪酸をご存知でしょうか?細胞膜を作ったりホルモンを作ったりするのに必要な材料で、生命をつかさどる大切な役割を果たす物質なのですが、体内で生成することはできないため、食事など外部から摂取することが必要な物質です。代表的な必須脂肪酸には青魚に多く含まれていることで知られるDHAやEPAが挙げられます。

必須脂肪酸の中でも子どもの発達や成長に不可欠なアラキドン酸というものを聞いたことがあるでしょうか。アラキドン酸は脳の細胞膜を作る材料で脳の発達にも大きく関わっています。母乳に多く含まれており、脳の発達が目覚ましい乳幼児期に母乳を飲ませることは赤ちゃんの成長にとても大切なことです。世界的に母乳育児が奨励されているのも乳児期にアラキドン酸を摂取することを求められているからなのです。

もちろん赤ちゃんだけでなくアラキドン酸は子どもにも大人にも有効な効果が確認されています。お年寄りが毎日適正量のアラキドン酸を摂ることで脳の情報処理能力が上がったという報告もされています。今後アラキドン酸を積極的に摂ることが認知症やアルツハイマーの治療にも役立つのではないでしょうか。

食材で言うと、鶏卵やレバー、サバやさわらなどの魚に多く含まれているというアラキドン酸、普段の食事から自然に取り入れていくと良いでしょう。食事制限やカロリーの気になる方はサプリメントで摂取するのもおすすめです。

ページのトップへ戻る